宇宙を味方にする自分ビジネスの創造

お客様自身が自分を癒してゆくプロセスに立ち会って

2019.03.09
こじまゆかり
シェアしてね♪

「エサレン」というのは、カリフォルニア州にあるエサレン研究所という
1970年代頃に設立されたウェルネス・センターでのことです。

体と心の健康に役立つワークショップをた〜〜くさんしている施設です。

そこで誕生した「エサレン・ボディワーク」と言うのがあるのですが、
体に触れることで、心までほぐされるマッサージ技術です。

私がヒーリングの世界に入ってすぐに心を打たれたのが
エサレン・ボディワークでした。

初めてエサレン研究所を訪れた時には、
憧れの研究所に来られた感激で涙がど〜〜〜〜っと流れました。

それが2003年のことでした。

このエサレン研究所を訪れた直後に、
私はこのヒーリングの世界で身を立てようと、決意したのでした。

あぁ、懐かしいです!

 そのあたりのエピソードは小島のプロフィール動画、第3話をご覧ください。



 

その後に、なんども何度もエサレンを訪れては
マッサージ&ヒーリングの技術を磨いてきました。

それほど、エサレンは私にとって格別な意味のある
精神的にも、技術的にも、人間力を磨いてくれた研究所です。

自立して初期の頃のセッションに訪れてくださったお客様の中には
思い出したように、何年かぶりにセッションにお越しくださる方もいらっしゃいます。

初めて自分でサロンを持ったのは、可愛いロフト付きのお部屋のサロン

その後、会社にしてお引越しした、築80年以上のレトロなビルのヒーリング・スタジオ

今の中之島にある高層マンションのサロン

と、今まで3箇所のお引越しをしてるのですが、

その都度、訪れてくださっているお客様が、

何と、7年ぶりに訪れてエサレンのセッションを受けてくださいました。

触れること、癒すこと、それは意図しないところで
お客様自身が、自分を癒してゆくプロセスであり、
そのプロセスに立ち会うわせていただくのがヒーラーであり、セラピスト。

ヒーリングの仕事を続けていて良かった!と思える瞬間でした。

感想をいただいたので、皆様にもシェアさせていただきます。

 

 


世界観が大きく加わった、こじま先生にしかできないセッション

先日はお世話になりました、S.Y.と申します。

先月は小島先生と7年ぶりの再会を果たすことができました。
小島先生との出会いは10年以上前になりますが、お会いする度に新しい発見と感動があります。

これまでに多くの方と接してこられた先生ですから、
1人1人の詳細なご記憶には及ばないであろうことは想像には難くありませんでしたが、
それでもセッションを進めていただきながら、
自分のことを思い出してくださっているような感覚と、
より発展的にダイナミックさを感じさせる感覚とが交錯し、
身体を横たえながらも、あたかも“一緒に跳び回っている”かのような、
そんなひとときを楽しんでおりました。

今回の感想を一言でいうなれば、
それはもう「小島由香理セッション」という
ひとつの形なのではないか、との思いを強くしました。

空気(氣)の流れ、潮の満ち引きにもたとえられるセッションが
エサレンだと思いますが、今回のセッションでは、
そこに先生の世界観が大きく加わったものとして感じられました。
もはや先生にしかできないセッションとでもいいましょうか。

身体に触れられることの心地よさがエサレンの醍醐味だと自分は思っておりましたが、
今回の先生のセッションでは、それだけでなく、
私自身の深部に内在するわだかまりのようなものでさえ取り去ってしまうような感覚があり、
90分後の自分は、身体に憑いたネガティブなもののすべてがすべて消えてしまったかのようで、
体重すら軽くなったように感じられたほどでした。

思い起こしますと、中津の広々としたマンション一室で初めて迎えたセッションでの感動では触れ合いのひとときを、
そして福島区のレトロなメリヤス会館ではともにリラックスしつつも踊りを踊るかのようなひとときを、
そして、装いも新たになった中之島では、そうした体験のすべてに加えて新しい世界を垣間見つつ、身体全体にいたわりの気持ちを込めて接してくださったように思います。

常に前を見て歩まれ、
新しい発見のある小島由香理先生ならではのセッション、
これからも折をみて伺いたいと思いつつ、中之島を後にしました。

ありがとうございました。
【S.Yさま】


https://studio-kara.com/voice/detail/?cd=427

SYさま、こちらこそありがとうございました。

長年ご愛顧いただいて、感謝しています。
そして、いつでもお待ちしています。

大きく扉を開いて!

 

シェアしてね♪
© Copyright こじまゆかり公式サイト All Rights Reserved. | 管理画面へ